西表島には、モデルコースで紹介した場所以外にも様々な見所があります。その一部を紹介します。
ピナイサーラトレッキングコースユチンの滝テドウ山御座岳バードウオッチング
ショートプログラムの紹介はこちら

ピナイサーラトレッキングコース

ピナイサーラ◆ピナイサーラの滝へカヌーを使わず、トレッキングで向かいます。
◆午前中潮が引いている場合は、船浦湾から出発します。干潟を横断し、マングローブ林を抜け、滝へ向かいます。帰りは、山中をトレッキングして、マーレー川に出てきます。(午後干潮の場合はこの逆のコースになります)
◆カヌーツアーと同じく、滝の上と滝つぼに行きます。滝の上からの眺めは抜群ですし、滝つぼで泳ぐととても気持ちいです。
◆潮の時間や潮位によっては実施できない場合もありますので、詳細はお問い合わせください。


ユチンの滝

ユチンの滝◆高那にある由珍川の上流にある滝。巨大な階段状になっていることから「三段の滝」とも言われます。大雨が降った日には、県道にかかるユチン橋からはっきりと滝が見えます。
◆片道2時間前後のトレッキングコース。晴れた日には、滝の上からすばらしい海がご覧いただけます。暑い日には滝の水を浴びたり、帰りにユチン川で泳いだりすると気持ちいいですよ。だから、服の下に水着を着てくるといいでしょう。開催期間は3月〜10月。



テドウ山

◆上原の集落の南にお椀をかぶせたような形の少し高い山が見えます。これがテドウ山です。
◆浦内川から登りはじめ、マーレー川に降りてきます。山頂付近からは船浦湾・西部地区の集落・浦内川・鳩間島などが見渡せます。

御座岳

◆仲間橋に立ち、川の上流の方に見えるなだらかな山が御座岳です。明治の頃、笹森儀助という探検家が山頂に立ち、祖内に向かって西表島縦断をはじめた山です。
◆仲間川河口からカヌーで出発します。カヌーを漕いで1時間半〜2時間で登山口に到着です。登山口から1時間半〜2時間のトレッキング。山頂からは大原や大富集落・黒島・新城島が見渡せます。帰りは同じ道をたどり、カヌーで戻ります。
◆潮位と干満の時間によりますが、仲間川を「往復動力船」もしくは「片道動力船で片道カヌー」という行程をとることもできます。この場合、動力船チャーター料がガイド料とは別途に必要になります。

バードウォッチング

◆バードウォッチャーならみんな憧れるカンムリワシ・キンバト・ムラサキサギなど八重山諸島ならでは野鳥を探しにいきます。キジバト・ヒヨドリ・シジュウカラ・メジロ・ハシブトガラスといったどこにでもいる野鳥も八重山亜種や沖縄亜種。ちょっと羽の色が違ったり鳴き声が違ったり。それに春と秋の渡りの時期や冬には意外な渡り鳥に出会えるかもしれません。
◆その時期に応じて、野鳥が一番観察できる場所にご案内いたします。なお、7〜8月はバードウォッチングに向かない時期となります。


料金等、詳細はお問い合わせください

申込みにあたってはこちらをお読みください。


ツアー&ガイドに戻るTOPに戻る